あんしんネット公式サイト

遺品整理と福祉整理の「あんしんネット」。不正見積もりばかりの業界に風穴を開けます。

詳しくは公式サイトをご覧下さい。
あんしんネット公式サイトトップ
遺品整理
福祉住環境整理
不要品整理・特殊清掃
参考料金・実例
お客様の声

「教育」という言葉は、他人に様々なことを教えて、教えた相手その「人を育むこと」を意味します。
それは、人が生きて行く中で、大変重要なことであり、私たち日本人は、遠い昔からそのような環境を、まさに育んできていました。

今朝はテレビ局の取材でした。
現場に到着して、作業の準備をしている時の話。

あんしんネットでは、「孤独死問題」をはじめとして、「高齢者のゴミ問題」に関わる「福祉整理」の話を、現場の体験談を交えて行なっています。

無縁社会シリーズの第2弾が昨日放映されました。
あんしんネットは、この無縁社会に注目をし、取材協力を続けていますが、急速に進むこの社会現象に歯止めをかけなければとの思いで一杯です。

遺品整理の現場は、亡くなった人の生活していた空間を整理する作業です。
この「亡くなった」という言葉は、「死」に通じるもので、私たちは常に死を意識しながら作業を続けていると言っても過言ではありません。

作業中のハプニングというものは付きものですが、今回は作業開始前のハプニングを紹介しましょう。

連日の猛暑日が続いていますが、私たちの現場は、実は大変なことになっています。

孤独死対策の一つとして、「植物を育てる」ことがあります。

猛暑続きの中、遺品整理人の動きを紹介してみましょう。

今朝、現場に入る前の出来事です。

遺品整理にしても福祉整理にしても、現場はかなり重労働となります。
その為にも、日々の体調管理は大切です。

孤独死はほとんどのケースが、独居者の身の上におこります。
ということは、独居生活者は、孤独死を迎える確立が高いということです。

先日、葛飾区の地域包括支援センター主催の勉強会へ参加させていただきました。

土日を利用して、実家の福祉整理を行なってきました。
3月にも行ないましたが、短時間での作業で、まだまだ不用品やゴミが溜まっている状態の実家。

故人の遺品を通して、色々と学べることがあります。