あんしんネット公式サイト

遺品整理と福祉整理の「あんしんネット」。不正見積もりばかりの業界に風穴を開けます。

詳しくは公式サイトをご覧下さい。
あんしんネット公式サイトトップ
遺品整理
福祉住環境整理
不要品整理・特殊清掃
参考料金・実例
お客様の声

最近、各方面より、「遺品整理の見積もりをしてもらったが、どうも金額が高すぎるので、あんしんネットにあらためて見積もり依頼をしたい」との連絡をいただきます。
一般の方にとって、遺品整理というのは何度も体験する話ではありません。
先方が何もわからないことに、相手によっては高額な料金提示をする会社が実際にいるというのも事実のようです

遺品整理ブログでは、遺品整理や福祉整理での現場のこと、現場で考えること、さらには現場を振り返って思うことを徒然にしるさせてもらっています。
今回は、遺品整理の見積もりについて思うことを記してみます。

遺品整理を私たちが行なう時に、良く差し入れをいただきます。
ジュースやスポーツドリンク、お菓子なども出していただき、スタッフはいつもお客様の温かい気配りに、感謝しています。

私たちが遺品整理現場へ向う時は、トラックやワゴン車を使用します。
資材を載せて、時には遺品の形見分け配送も行ないますが、最近は助手席に同乗するケースが増えました。

孤独死対策や高齢者のごみ問題対策の講演会やセミナーなどを開催した後に、アンケートの集計を主催者側よりいただきます。
その結果を見ると、今後の講演内容に反映させたいものもあり、貴重な意見としてありがたいものです。

今週は新宿区内の2箇所の高齢者総合相談センター主催で、講演をしてきました。
昨日は江東区人権学習講座での講演となりますが、まだまだ続きます。

昨日は、二日間かけての遺品整理の現場監督でした。
関東地方に想定外で訪れた大雪のために、果たして作業ができるのかと危ぶまれましたが、こちらは想像以上に作業はスムーズに進行し、ご遺族側からも感激に満ちた言葉をいただきました。ありがたいものです。

昨日のことです。
遺品整理のポータルサイトを運営している会社より電話が入りました。
「遺品整理を希望されているお客様を紹介したいのですが・・・」という内容で話は始まりました。

年もあらたまり、新年早々に多くの方からの見積もり依頼をいただいています。
あんしんネットのスタッフは、年明けから休み返上で、見積もりや現場へと出ていますが、嬉しい悲鳴です。

平成25年を迎えました。
明けましておめでとうございます。
東京は快晴に恵まれ、元旦のまぶしい日の出に思わず手を合わせ、命の有難さに感謝した次第です。

遺品整理・福祉整理のあんしんネットの「年末年始営業」のご案内です。

歳末を迎え、あんしんネットのスタッフは、遺品整理と福祉整理に連日の出動を余儀なくされています。
しかし、冷え切った景気の中で、企業に仕事があるということは、誠にありがたいものです。

遺品整理と福祉整理では、貴重品の探索と確保が大切な仕事の一つです。
一つ一つの物を、一瞬にして貴重か否か、それを判断しないといけないのです。

最近の遺品整理で、良く耳にするのが、
「仏壇や人形などを供養していただけますか?」という質問です。
その他、写真やアルバム、神棚やお札なども供養の対象になっているようです。

昨日の現場は、あんしんネットのある大田区の隣、川崎市内で行なわれました。
3tワイドトラックと2tロングトラック2台を2往復させての整理です。
物量にすると14t。