講演・セミナー等、全国で開催しております

講演・セミナー等、全国で開催しております

あんしんネットでは、「孤独死・孤立死問題」、「高齢者のゴミ問題」に対して真剣に取り組んでいます。その為の企業努力として、下記のごとく各方面で「小さな勉強会」や講演を開催。もちろん講演料などはいただいておりません。関連部署での研修会へ勉強会のテーマとして、積極的にお申し出下さい。

最新の講演・勉強会情報

これまでの講演・勉強会実績

講演会の様子

講演会・告知例

幅広く遺品整理のことを知っていただきたいという思いから、介護事業所や行政主催の交流会や各種セミナー、講演会などでも孤独死の実態を訴える活動も続けており、全国のたくさんの方々から支持をいただくようになりました。
講演会・告知例1

ご意見、感想

これまでの講演会・勉強会風景

 あんしんネットでは、遺品整理や福祉整理の現場事例をふまえて、これまでに多くの地域包括支援センターや福祉・介護施設で、講演を続けています。最前線の現場の声を、同じ目線で高齢者の介護や介助・見守り活動にあたる方々にお届けし、現在問題となってきている「孤独死」や「孤立死」をなくす為、高齢者の地域での見守りと支援づくりの為の活動を続けています。
 記載の事例のように、色々とテーマを設定し、弊社整理コーディネーターが皆さまに分かりやすくお話しをさせていただきます。講演料などは一切かかりませんので、地域包括支援センターや相談室での研修や勉強会、講演会の一助になれば幸いです。お気軽にお申し出ください。

事例1 見守りと支援
事例2 高齢者のごみ問題
事例3 高齢者の孤独死の実態と予防/事例4 整理術/事例5 総合的な内容

講演後のアンケート結果

横浜市青葉区地域包括支援センター(ケアプラザ)

参加者 30名
アンケート回収 30名
参加者分布 50代:2名
60代:12名
70代:13名
80代以上:3名
参加動機
(複数回答)
包括内ちらし:14名
包括広報誌:6名
区役所内ちらし:5名
包括職員の誘い:3名
友人の誘い:2名
その他(回覧版など):2名
参加者の
満足度
参考になった:30名
あまり参考にならない:0名
どちらともいえない:0名
感想、分布グラフ

今回参考になったことは?(一部抜粋)

  • 帰ったら冷蔵庫、トイレ掃除をする
  • 部分的なところから片づけて行こうと思いました。玄関口とかから少しづつ続けて行きたいと思います。
  • すぐに行動する気になれました。
  • すぐに出来るところ、小さいスペースから無理なく始めたい。
  • 最近、断捨離について考えていたところだったので背中を押されてやる気が出ました。
  • 残された家族に負担をかけないためにも整理の必要性を痛感しました。
  • 大切な事は書きとめて、家族に分かるようにしておきたい。
  • 旅立った人は・・・・だけれども残された者がする後片付けはそれは大変なことです。改めて昔を回避し重要さがわかりました。
  • 全ての内容が参考になりました。
  • 生前整理・・・すぐに実行しないと意味がない断捨離・・・まず自分が手放せなくなる執着心をやめようと思いました。反省点の中でサンプルもらうのはやめにします。
  • 不要な物品の整理。必要な物品以外は手元に置かない、買わない。早速身辺の整理をしたくなりました。
  • 講師の方の話の仕方も無駄の無い整理された話し方で、とても聞きやすかった。(テンポ、声も良かった)
  • 生前時に物の整理をすること。物が多いと残された人が大変。
  • 終活の為の物の整理がどれだけ重要かわかった。
  • 笑顔の写真を今のうちから用意したい。
  • エンディングノートは大事。遺言ではない、自分から家族へのメッセージだから。
  • 冷蔵庫を片づけられなくては、6畳間は片づけられない。
  • いかに自分の心と物の整理が出来ていないという事が良く分かりました。そして、物を沢山持っていることも。
  • 次回続きの開催があれば是非参加したいと思います。
  • 具体的でわかりやすい内容で役にたちます。講演はボランティアで駆けつけていただいたとのことで、敬服します。
  • 笑い話もあり、楽しい時間でした。

今後の要望

  • 今日の話の続編も是非お願いします。
  • 是非またやってほしい。その類の本は沢山出ていますが、本は読んでも参考にならない。是非同じように話をしてほしい。
  • 良い機会をありがとうございます。続編を待ちます。

北区包括主催勉強会

テーマ 早すぎない! 生前整理
参加者 70名
アンケート回収 63名
参加者分布 40代:1名
50代:3名
60代:14名
70代:42名
80代:2名
記載なし:1名
備考 一般区民
参加者の
満足度
良かった:54名
ふつう:8名
良くない:0名
無回答:1名
感想、分布グラフ

参加した感想(自由記述)

  • なぜ片付けられないのか、頭と心で理解できた。
  • 生前整理と認知症予防を結びつけられるようになった。
  • なかなか実行出来なかったが、具体的なアドバイスを頂いて
    今日からやってみます。
  • ため込まないですぐに整理、日々整理を心がける。
  • 物の行き先を決める。整理は行動から。
  • 五年後のゴミ処分を考えたら、早く捨てる気になった。
  • 色々なものが家で溢れています。少しづつ捨てないと。
  • 整理のきっかけになりました。
  • 整理は元気なうちに。
  • 生前整理の大切さを知 りました。最初に取り組むのは何かがわかりました。
  • 片づけの基本が良く分かりました。
  • 整理の仕方、分類、順序がわかりました。
  • 棺の価格、相場がわかり葬儀で無駄な出費が抑えられそうです。
  • 安心しました。ありがとうございました。
  • 話の全てが参考になりました。
  • 話がわかりやすく、聞きやすかった。
  • 全て参考になりました。いらないものを処分する決心がつきました。
  • まだ元気と思いつつも整理整頓が苦手で焦っており参考になった。
  • 非常に思い当たることがあり、耳が痛くすぐに生前整理始めます。
  • ものを捨てることから 始めます。
  • 自分のものに執着して処分できない。執着心を断ちきり減らす努力をする。
  • 資料が豊富でスクリーンに適したテキストで利用価値が高くて良い
  • どこから始めたら良いのか大変参考になりました。決断が大事ですね。
  • とても良いテーマで為になり、今後の生活にも生かして活かして
    いきたいと思います。
  • 貴重な話でした。
  • 葬儀について、財産整理、相続などについても聞きたい。
  • 開催場所が不便なので、もう少し駅の近くで行ってほしい。

川口市南平みなみ地域包括支援センター

テーマ ゴミ屋敷問題を考える
参加者 ケアマネージャー(40名)
包括支援スタッフ(7名)
アンケート回収 39名
参加者の
満足度
参考になった:38名
その他:1名
感想、分布グラフ
  • 現場の声がリアルで、とても興味深い話だった。
  • ゴミ屋敷になる前の関わりが大切だと思った。
  • 実例がたくさんあり、とてもわかり易く、身近に感じながら聞くことができました。ごみ屋敷になる前に見付けられるポイントも教えていただけたので、実務に生かせられると思います。
  • 実際親戚が孤独死しまして…。人事ではないですし、依存症
  • 独居高齢者も多いので、今後の対応の参考にさせて頂きます。ありがとうございました。
  • 事例がたくさん紹介されていて興味深かったです。
  • 自分の担当している利用者でもごみ屋敷の方がおり、捨てる事を拒否している。まだ関わりが浅く信頼関係が出来ていない。まずはそこから始めていきたいと思う。
  • 大事になる前に発見できる目を養いたいと思いました。
  • ゴミ屋敷=認知症。孤独死になる事が多いと思います。
  • セルフネグレクト(自分でもわかっているから出来ない)

感想

  • 身近に聞く話なので、とても参考になった。
  • 孤独死の状況等、生々しい実態がわかって為になりました。
  • ゴミ屋敷は年に数回、担当することがあり、ケアマネがどこの事業所に頼むかによって、今後の方向性も変わるため、いい参考になった。 
  •   
  • ゴミ屋敷から現代社会が抱える深い問題が浮き出て見えました。
  • セルフネグレクトに近い利用者さんがいる。独居、孤独死に至るケースもあり。地域の力が必要であり、連携の必要性を改めて感じました。
  • 講師の先生の話し方がわかり易かったので、興味をもって聞くことが出来ました。生々しい現場の話が、仕事への意欲につながります。
  • 私が担当していた利用者で、インスリンを忘れ、家の中も散らかり始めていた人が、先日入所しました。そのままだったらと考えると恐くなりました。
  • リアルな現場の状況を知ることが出来、勉強になりました。多職種連携の重要さも再確認しました。
講演アンケート風景
  • ゴミ屋敷は未来的に多くなる問題で良かった。
  • TVでは見た事がありましたが、生々しい現場の状況が、更によくわかりました。実際荷物を積み上げている家族は多いのですが、へたに声掛けすると、怒る家族も多く……(「私がだらしないの!?と。」。話し合うきっかけになればいいなと思います。
  • 研修ではめずらしい題材のため興味をひかれましたし面白かった。時間が短く感じた。
  • 先生の話が上手でわかりやすく時間が短く感じました。また機会があれば参加したいです。写真も多くわかりやすかった。
  • 実際に片づけたいお宅があっても、介入していくのが難しかったりのケースは多く、身近な問題であると感じます。早めの対応が必要だと感じます。
  • 普段あまりふれることのない分野での知識を広げることが出来ました。
  • 高齢者とゴミ屋敷の関連性について知ることが出来、今後どこに気をつけていったらよいのか勉強になりました。
  • 具体的に聞けてよかった。
  • かたず桁片付けた部屋がまたちらかってしまったとき、本人は誰と話しをしたとか具体的な連携した方法をきければ
  • 程度の差はあるものの、ゴミ屋敷と関わることがありますので、勉強になります。
  • 解決法、難しい。社会的な問題と考えます。
  • 最終的に片付をする業者さんの現場でのご苦労におどろきました。最悪なことになる一歩手前で何とかふみとどまるお手伝いをしていきたいと思います。
  • とてもわかりやすく参考になった。
  • セルフネグレクトの人の認定調査があります。役立てばいいです。
  • とても面白く引きこまれる様に聞きました。興味のある題材だったので楽しみに待っていたが、内容は想像を超えていて、説明はとてもわかりやすかったです。とても勉強になりました。
  • ゴミ屋敷になっていく過程がわかりやすくて良かったです。
  • 現在かかわっている方(利用者ではないが…)でも、多少の兆候が見られている方がいる為、ゴミ屋敷となる前に話をしていこうと思いました。
  • 自分の訪問している家はきれいな方だな…と。
  • 生々しい現場の様子がわかりました。
  • 現在は非常に少なくなったが、それでも2名のゴミ屋敷同等レベルの支援を担当した。様々な各人の背景があり、そこまでに至る理由もあった。今後、未然に防げる方には、声掛け対応していこうと思った。
  • 担当利用者にもセルフネグレクトの可能性があると思います。
  • ゴミ屋敷の実際の様子がよくわかりました。
  • 貴重なお話を聞けて良かったです。
  • 実際の現場の話を聞かせていただいたことで、すぐ近くにも有るある可能性が高いと実感しました。以前、何名かゴミ屋敷に住んでいる方と関わった経験があり、介護サービスを導入したことで改善されましたが、サービスが減ることでもとに近い状態となり、結局お亡くなりになってしまったことを思いだしました。
  • ケアマネとして予防という依頼があった時点でゴミ屋敷になっている事が多い。相談窓口と連携先を充実させたい。
  • やはり地域での連携は大切だと思った。

セルフネグレクトとは?

あんしんネットセルフネグレクト

遺品整理現場では、セルフネグレクト(自己放任)の初期症状だったと思われるお部屋の状態もあります。

特設ページへ

今後やってほしい研修・交流

  • インフォーマルサービスについて詳しく知りたいと思います。
  • 包括との連携を深めて行きたいと思います。
  • 総合事業について良く知りたい。
  • 今更聞けない様な事ですが、各書類の保管期間や記録すべき事項(研修記録や年間計画)等、確認の研修を開いてもらいたいです。
  • まだ生存している方でごみ屋敷から、福祉整理を受け入れるまでの本人とのかかわり方や導き方も学習したい。
  • 本日の様な研修会を今後も期待します。
  • 精神病を患う利用者が多いため、精神科医、精神専門病院のMSWの講義、交流。
  • 統合失調症の人の関わり。
  • 多職種連携 特に医療との連携。
  • 生活福祉課を交えて今回の研修をもう一度。
  • 地域包括ケア、多職種連携が必要となるので地域ケア会議の事案を取り上げてみてはいかがでしょうか。

あんしんネットの小さな勉強会

小さな勉強会概要

テーマ事例 「孤独死現場からの警鐘」
「高齢者のごみ問題と福祉住環境整理」
「そのゴミ、どうしようか?」
「孤立死現場の実態と高齢者のごみ問題」
「孤独死や孤立死をなくすために=現場は語る=」
「すぐに実践できるお部屋の片付け」
時間配分 講演(1時間~1時間30分)
グループワーク(各グループに分かれて情報交換・25分)
グループごとの意見発表(15分)
総括(10分)
講演料金 無料です
必要設備 プロジェクターとスクリーンを用意下さい(弊社よりパソコン持参)
対象者 介護支援専門員、社会福祉士、介護福祉士、相談支援員、生活支援者、
訪問介護員、民生委員、自治会員 他

講師紹介

石見 良教

遺品整理と福祉整理のプロフェッショナル
石見 良教 (あんしんネット事業部部長・整理コーディネーター)

広告・出版関連業界から仏教界そして葬祭業界へ転進。長年にわたる遺品整理業務から、超高齢化社会で問題化している福祉住環境整理(福祉整理)の提唱者。
常に現場の最前線に出て、批評や評論ではない生の現場の声を情報として発信。
マスコミ各社からの取材でも丁寧な対応が好評。この業界では名前が知れわたり、ドラマの遺品整理監修はじめ、時には役者としても出演。
これまでに数千の現場に携わり、現場からの声を大切に、福祉に携わる方々と共に考える講演が好評。
「私たちの遺品整理は、常に死を見つめています。孤独死や孤立死をなくすための対策も、そんな現場の様子が、対策の一助になると思います。現場よりの情報をまだまだ発信して、孤独死や孤立死増加に歯止めをかけていきたい」と、抱負を語る。

杉山良久

杉山 良久 (あんしんネット事業部)

長きにわたり音楽関係に従事していましたが、社会人生活の締めくくりとして、あんしんネットに籍を求め、今後社会貢献も含めて頑張っていきたいと思います。人生の年輪と共に、思い出の詰まった財産を皆様お持ちです。ご遺族の皆様と話あいながら、継承するものを残しながら、より良き環境づくりを目指して頑張ります。

葬儀社の方々へ

葬儀社の方々へのご案内ページをご用意致しました。
詳しくはコチラから

お問い合わせ

「遺品整理」の詳しい資料請求やご相談、ご依頼は下記よりお願いいたします。

お見積り・ご相談 メールフォーム

お電話でのお見積り・ご相談は 0120-889-451 営業時間 9:00~20:00 / 年中無休

お問い合わせ 遺品整理ブログ